未婚女性の礼装|和服選びは怖くない|初心者でも楽しめる着物の魅力

和服選びは怖くない|初心者でも楽しめる着物の魅力

女性たち
このエントリーをはてなブックマークに追加

未婚女性の礼装

女の人

着物には様々な種類があります。日常的に着用できる着物もあれば、格式高い場にふさわしいような着物もあります。そんな着物の種類の中でも振袖というのは特別な日に身に纏う装いになります。そして振袖には細かく種類があり、それぞれ格というものがあります。振袖を着用するなら、場によって使い分けることが何よりも重要になります。振袖の種類や、どのような場で着用すれば良いのかということを理解すれば、今よりも振袖に対する距離感を縮めることが出来るかもしれません。

振袖は、大振袖、中振袖、小振袖というように3つの種類に分けることが出来ます。この中で最も格式が高いとされているのが大振袖になります。本振袖とも呼ばれるこちらは、結婚していない女性の第一礼装となります。そして次に格式が高いのが中振袖になります。中振袖は成人式などで新成人に多く着用されるタイプです。明るく鮮やかな色や柄が多く、祝いの席や華やかな席に最適な振袖と言えます。そして袖丈が一番短いのが小振袖になります。小振袖は袖が短く動きやすいのが特徴で、振袖の中では最も敷居が低いと言えるでしょう。小振袖は卒業式などのシーンで着用されることが多く、中振袖と組み合わせて着用することもあります。

これらの振袖は自分の結婚式であれば大振袖、知人の結婚式や自身の成人式には中振袖、お茶会やちょっとしたパーティーなどであれば小振袖というように、イベントや行事の内容に合わせてふさわしいシーンに着用することが大切です。